お菓子工房「夢彩菓すずき」のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新しいショップバッグのご紹介です
shop bag


この度当店の手提げ袋に新サイズが出来ました。
とてもかわいらしいので、スタッフ一同気に入っています。
チョコレートやパウンドケーキなど、当店の多種多様な箱のサイズに合わせてジャストなものを特注しました。
既製の手提げ袋ではなかなか合うものがなかったので、業者さんにお願いして何度か試作をしていただき、ようやく完成です。

たかが包装資材、と思われがちですが、お菓子屋にとって意外と重要なものです。
箱、包装紙、リボン、個包装のお菓子袋や、そしてこの手提げ袋。
どれをとってもうちのお店の顔になるのです。

昔繁忙期に包装紙を切らしてしまったことがありました。
箱の大きさに合わせてカットして使っているのですが、どうしても半端が出てしまいます。それを無駄にしない様に
カットの仕方も工夫しているのですが、その年によって(景気の関係で?)大きな箱の折が出たり、比較的コンパクトな折が出たりと
予測が難しいことがあります。
ある年は小さい折用にカットしたものが大量に余り、大判が底をついてしまったのです。
しかし、既製の包装紙ではうちのお菓子の箱のイメージと変わってしまいます。
そこで、半端の出た部分と、既製の緑色の無地の包装紙を一枚一枚貼り合わせて使ったことがありました。

お菓子屋の繁忙期は、お盆や年末年始といったメーカーさんが長期お休みをとることが多い時期です。
そういう時期に限って欠品が出てしまいがちで、次の納品までに相当な時間がかかってしまうのです。
最近ではそういう失敗もほぼなくなりましたが、失敗のたびに知恵を絞ってなんとかピンチをクリアしてきたことは後になるとよい経験だったと思えるし、笑い話にもなります。

そんなわけで、我々にとって包装資材は大切な財産であり、なくてはならないものなのです。
愛着を持って誕生したこの新しいショップバッグ、
可愛がってくださいね!
連日の熱戦、応援しています。
rio olympic
みなさまこんにちは
暑い夏に熱い戦いが繰り広げられていますね。
そう!リオオリンピックです。
序盤の競泳や柔道からメダルラッシュが始まり、体操、卓球、レスリングなども感動的な展開で日本勢の活躍が止まりません。

そんな中、夕べはバドミントン女子のシングルス準決勝とダブルス決勝に興奮が治まりませんでした。
シングルスは準々決勝に異例の日本人対決、それを制した奥原希望選手が史上初のシングルス4強に上がってきました。
残念ながら準決勝では長身のインドの選手に敗れてしまいましたが、今夜三位決定戦に挑むそうです。

そして、世界ランク1位と期待の女子ダブルス、高橋・松友ペアが決勝に臨みました。
予定では日本時間夜9時ころからのゴールデンタイムに試合開始と聞いていたので、晩御飯もそこそこに
テレビの前で待機していましたら、試合時間の変更で始まったのは夜中でした。

それまでも連日深夜の熱戦で眠れない夜が続いていたので、そろそろ体力的に限界の私
(見ているだけなのにすみません)
でも、この世紀の1戦を見逃すわけにはいかず、眠気と闘いながら応援しましたよ。
一進一退の攻防に手に汗握る展開でしたが・・・・深夜2時半を過ぎていたでしょうか?
とうとう歓喜の瞬間が訪れました!
ファイナルセット16-19と追い込まれたところからの5連続ポイントで逆転優勝です。

自分の子供たちの年齢の選手たちにこんなに感動を与えられ、生き方を教えられるなんて、
本当にアスリートたちってすごい!勝った選手も負けた選手もみんなあっぱれですね。

あと残すところ3日となったオリンピック、まだまだ寝不足が続きますが、閉会式の8月22日から3日間は当店は夏休みとなります。
年に1度の3連休です。毎年この連休を迎えると夏も終わりだなあと実感します。
まだ当分残暑や不安定な天気は続きそうですが、皆様も残り少ない夏休みをどうぞ楽しんでお過ごしくださいませ。

お菓子と関係ない話題で失礼いたしました。
暑中お見舞い申し上げます
2007natu jerry hoka 018

梅雨明けも間近の今日この頃、暑さが身に染みてきましたね。
今年も果実のセレナード、フルーツソルベが好評発売中です。

さて、今回もまた極上バームのお知らせですが、長年ご愛顧いただいた、平型チョコ味が販売終了となります。
入れ替わりニューフレーバーとしてキャラメル味が登場します。
平型バニラと同様、お砂糖コーティングがないタイプですので、従来よりも夏場に暑さを気にせずお使いいただけます。
帰省のお土産にもおすすめです。
お砂糖コーティングがお好みのお客様は縦型バニラが健在ですのでこちらをご利用くださいませ。
キャラメル味の極上バームは今月半ば頃にはお目見え予定ですのでお楽しみに。
チョコ味もまだ若干在庫がございますので、お問い合わせくださいませ。

7月16日(土)17日(日)は地元の夏祭りがあります。
毎年猛暑か、雨のどちらかに悩まされる時期ではありますが、店頭販売の「棒シュー」はお祭り限定です。
楽しみにしていただいているお客様のためにも、今年も元気に販売しますので、どうぞお立ち寄りくださいませ。

げどうフランスへ旅立つ!
gedou francais
こんにちは!
今日は当店の看板商品の「げどう」がヨーロッパへ進出するおなはしです。

というとちょっと大げさなのですが・・・
先日あるお客様のご要望で、ご出張先のフランスへ「げどう」を手土産にご利用下さり、フランス人へこのお菓子の由来を説明する文章を添付してほしいというご依頼がありました。

このげどうというお菓子は先代の大ヒット商品です。パイ生地の中にゴマやクルミの入ったこしあんを包み込んだ和洋折衷の焼き菓子です。そしてこのパッケージに書かれている奇妙なかかしのようなキャラクターこそが「げどう」です。
これは飯能のお祭りには欠かせない郷土芸能のお面の一つで、大変ユニークな動きをする独特の踊りが人気です。
げどう=外道 「道に外れ、仏教の教えを外れた」鬼のような存在ですが、ちょっと親しみのある人間臭い魅力が印象的なため、古くから地元に親しまれております。

言葉自体はマイナスイメージなため、お客様からは「なぜこんな変な名前をお菓子につけるの」とご指摘を受けることもしばしばあります。それを日本語で説明すればご納得いただけるのですが、フランス語で・・・となると本当に難題です。

実は私、一昨年よりフランス語を勉強しておりまして、50(超)の手習い、なかなか上達しません。しかし、勉強しているプライドもあって、何とかこの難解な仏作文に挑戦してみました。
とはいえほとんど翻訳アプリのお世話になりながらでしたが。

実際通じる文章ではないだろうことは予想できましたので、フランス在住のお友達に添削をお願いいたしました。
お友達の息子さんはフランス語がネイティブで(生まれた時から在仏)お忙しい中ご協力を快諾して頂き、ほんの数時間で洗練された素敵な文章を送ってくださいました。心から感謝します。島村さま、ありがとうございました。
というわけで、無事にミッションは達成できたのですが、私のフランス語力、あと何十年したら通じる文章が書けるのでしょうか?
いつかフランス語で夢を見るほど上達できればいいなと、毎日コツコツとお勉強を続けていきたいと思います。

ところで、もうわが「げどう」はフランスに到着したでしょうか?フランス人の皆様のお口に合うとよいのですが。
このような機会を与えてくださったお客様にもとても感謝しております。
ありがとうございました。
初夏のお菓子
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。