お菓子工房「夢彩菓すずき」のブログ
帰国?
2014-6 Paris 248
飯能夏祭りが終わった翌日から梅雨明け宣言があり、すっかり夏の気候となりました。そして私のフランス旅行から早くも1カ月が経っています。宣言通り今回のブログでフランス旅行記は最終回です。

この写真はモンマルトルの丘のふもとの町「アベス」の地下鉄駅です。とても素敵なアールデコのアーチがパリらしくてお気に入りの駅です。しかし、メトロを降りてホーム脇にあるエレベーターを見過ごすと、ビル3階分位あるらせん階段を延々と登らないと地上に出ません。階段を彩る鮮やかな壁画を楽しむのも良いですが、少々体力を消耗します。
フランス滞在最終日はパリの街を一望できるモンマルトルの丘に登りました。アベス広場を通り抜けフニクレール(登山電車)に乗り換えて、見る見るうちにサクレクール寺院の前の大きな階段の頂上に到達しました。
1週間を通して晴天続きのこの旅行でしたが、最終日も快晴で太陽がとても近く感じます。観光客の多さに比例して怪しいお土産売りのお兄さんや似顔絵描きの勧誘も多く、開放的な景色とは裏腹にちょっぴり気を引き締めながらの散策です。

さて、夕方6時過ぎに空港までの送迎車が来るまで、あと半日を悔いなく過ごすために何をしようか考えました。
やはり女二人、一番の興味は「ショッピング」ですね。腹ごしらえをした後町の中心地に繰り出しました。日曜日は休みのお店が多いということでしたが、ハイシーズンの観光地ですから結構開いていました。
せっかく荷物をまとめたのにまたまたたくさんの荷物が追加され、ホテルに戻って荷物整理!と思ったらロビーに前述のヴェルサイユ在住夫妻島村さんがお見送りに来て下さっていました。またパスポートの期限が切れる前に再来することを約束して感動のお別れです。本当に涙が出そうになりました。島村さんありがとう!
送迎車のドライバーさんは紳士的なおじさまで、日本語も上手でした。空港内までトランクを運んでくれてチェックインカウンターまで見送ってくれました。いろいろアクシデントもあった旅行でしたが、やっと帰れる、楽しかった、などなどいろんな思いを胸に出国手続きをすませ空港内の免税店を眺めながら夜10時発のJAL便の搭乗時間を待ちました。

なのになのに・・・飛ばなかったのです!飛行機の故障で足止め!
夜中の12時過ぎにもう一度フランスへの入国手続きをしてJALの手配した空港近くのホテルへ案内され一夜を過ごしました。そんなことってあるんだーと唖然としながら丸まる一日そのホテルで過ごし(もうユーロも体力も使い切りました)翌日の夜にやっと再度出国、最後までアクシデントに見舞われ忘れられない旅となったのでした。

長々と書き連ねましたがこれで私と娘のフランス旅行記は終わりです。この記事を書くことによって自分自身、もう一度フランスに行った気分になれました。自己満足にお付き合い頂いて本当に恐縮です。読んで下さった方ありがとうございました。これに懲りずにまたどこかに旅行したいと思っている今日この頃です。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://yumesaika.blog.fc2.com/tb.php/60-e1a02e49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック